コラム

ポリマーコーティングとは?

ポリマーコーティングはポリマー樹脂を主成分としたコーティング剤で、カー用品店などでも販売されており、ご自身で施工される方もいるほど、比較的気軽に施工ができるタイプです。

 

プロによる施工を依頼する場合も、ガラスコーティングに比べて費用が圧倒的に安く済み、施工期間も午前中に預けて夕方には引き取ることができるなど、即日施工も可能で便利です。

 

一方で、耐久性は短く、コーティング効果は2~3ヶ月ほどしか持続しません。

 

そのため、頻繁に施工することが必要になります。

 

1回あたりの施工期間は短く、費用も安いですが、年に何度も施工することを考えると手間がかかり、費用もかさんでいきます。

 

これに対してガラスコーティングは1回あたりの費用は高く、施工期間も数日必要になりますが、3年から5年程度の耐久性が期待でき、年に1回程度のメンテナンスで済むのが便利です。

コーティングフィルムで車をきれいにしよう

車をきれいに使用したいという場合、そのまま利用されるよりもコーティングフィルムを付けるだけでも変わります。

 

見た目にも変化があり、ピカピカな新車にずっと乗っているような美しさを保てます。

 

ただ予算などもございますので、少し不安を感じていらっしゃる方もいるでしょう。

 

当社ではまずお客様のご相談に乗り、ご予算の希望やどのようにコーティングフィルムを行いたいのかなど詳しくお伺いをし最適な方法をお伝えしております。

 

お客様の不安を無視してコーティングフィルムの作業に移ることはございませんので、ご安心ください。

 

簡単な修理から、塗装までさまざまな作業に対応しておりますので、細かいご希望なども遠慮せずにご相談ください。

 

お見積もりを見ていただき納得されましたら、愛車をピカピカにさせていただきます。

 

ご相談やお見積もりをされるのは、無料で行っております。

コーティング剤をスポンジで塗布するのは難しい?!

基本的にコーティング剤はスポンジを使用して塗り込んでいきます。

 

しかし、塗装表面部分に傷ができてしまうことやムラになってしまうことがあるため、自身でコーティング剤を愛車に施す際には注意が必要です。

 

万が一、スポンジを使ってコーティング剤を愛車に塗りムラができてしまった場合、そのまま固まってしまうと新たに落とすことは困難です。

 

スポンジを使ってコーティング剤を施してもしっかりと塗り込むことができていれば問題ありません。

 

しかし、きちんと効果を実感したいのであればプロに施工を依頼してみると安心です。

 

プロが行う施工は、ボディの洗車作業を行った後に付着した異物を除去し、コーディング剤を塗布していきます。

 

また、コーティング剤の拭き上げや乾燥まで怠りません。

 

納得のいく仕上がりを提供でき、効果を長く実感していただけるのもメリットです。

手軽にコーティングシャンプーはいかがですか?

車のボディをいつもピカピカの状態にしておきたいのなら、しっかりとボディコーティングを施すのが効果的です。

 

ガラスコーティングのように一度塗布すれば数年の耐久性があるものから、シャンプー洗車と同時にコーティングができる手軽なタイプのものまで、ニーズとご予算に合わせてさまざまな種類があります。

 

ただ、ボディ表面が汚れていたり傷があったりすると、その上からコーティングしても輝きが半減してしまいます。

 

最初にしっかり下地処理を行ったうえで、コーティング剤を塗布していくことが重要です。

 

当店では、経験豊富なスタッフがお客様の大切なお車をピカピカにコーティングいたします。

 

また、傷がある場合には格安かつスピーディーにリペアいたします。

 

傷の箇所や大きさによっても価格や修理時間は異なりますので、まずは一度お見積もりを取られることがおすすめです。

コンパウンドが含まれているコーティング剤の効果とは?

コンパウンドとは研磨剤の一種でコーティング剤に含まれているものもあります。

 

車の表面には塗装が施されていますが、塗装面に付いてしまった頑固な汚れを落とす際や傷などを目立たなくさせる際にコンパウンドが含まれているコーティング剤を使用すると効率良く清潔さや美しさを取り戻すことができます。

 

コンパウンドが含まれているコーティング剤は、通常のコーティング剤と比較してみても汚れ落ちが抜群です。

 

最近では、市販品も気軽に購入できるようになりました。

 

しかし、間違った方法で使い続けてしまうと愛車に大きな負担をかけてしまうことにもなりかねません。

 

コンパウンドは、粒子の大きさもさまざまとなっており、商品によって差があるのも特徴です。

 

メーカーによって粒子の大きさや研磨力には違いがあるので、愛車に負担をかけてしまうことがないように使用する際には注意点を確認してみましょう。

コーティングの耐久性を持続させるのに役立つコンディショナー

カーコーティングを施すと汚れは水洗いだけで簡単に落ちる、ワックスがけは不要などお手入れの手間が省けると言われます。

 

もっとも、手入れの仕方は人によって差が出るほか、環境によっては水洗いだけでは汚れが少しずつ蓄積されてしまうケースもあるので注意しなくてはなりません。

 

たとえば、火山灰を浴びる地域、近くに鉄工所などがあり鉄粉が付着しやすい地域、中国から黄砂やPM2.5などが飛んでくる地域などもあります。

 

コーティングしても、汚れが落ちにくくなったときや撥水作用などが低下してきたと感じたらコンディショナーを使ってみましょう。

 

軽い汚れを落とすクリーナ成分に加えて、撥水性能を復元する成分が入っています。

 

洗車後にボディ全体に薄く伸ばした後に、水洗い洗車をして仕上げます。

 

コンディショナー成分を均一に伸ばすためで、ムラがあるとかえって汚れが付いてしまうため注意が必要です。

メリットが豊富なガラスコーティング

カーコーティングにもいくつかタイプがありますが、ガラスコーティングはボディの保護作用が高く、耐久年数も長く、見た目にも艶々となって美しいのが特徴です。

 

硬いガラスを成分にしているので、車のボディを薄いガラス被膜で保護することができます。

 

表面がピカピカになって光沢が高まり、まるで新車のような輝きを放つのが魅力です。

 

見た目だけでなく、硬いガラスの保護膜が形成されるため、汚れや水垢、紫外線ダメージから防止するとともに、ちょっとした傷なら防いでくれ、小石の飛び散り程度なら傷が付かなくなる効果も期待できます。

 

ピカピカと輝くことから、すでにボディ表面に付いている傷が目立たなくなり、お車のダメージをカモフラージュしてくれる効果もあります。

 

耐久性は3年から5年ほどと長く、水洗い程度で汚れが落ちるのでお手入れの手間も省けるのがメリットです。

DIYでコーティングも良いけれど、やはりプロの技は違います

一昔前はカルナウバロウ入りのワックスで、車のボディをピカピカに磨いたものです。

 

DIYで可能であり、ワックス後のピカピカのツヤを眺めては達成感を感じるという人も多かったのではないでしょうか。

 

しかし3ヶ月で効果は薄れ、その度ごとにワックスがけしなければならないので、手間と労力が大きな問題でした。

 

最近は数年の耐久性があるガラスコーティングを主流となってきています。

 

一度塗布すればしばらくはノーメンテナンスでOKというのが大きな魅力です。

 

薄いガラスの膜に覆われ、ワックスのツヤとは一味違った輝きを醸し出します。

 

ガラスコーティングもDIYでできないことはありませんが、色むらが発生しやすく失敗したときが大変です。

 

当店では経験豊富なプロのスタッフがお客様の愛車をきれいにコーティングしております。

 

その仕上がりの美しさと耐久性の高さに、施工されたお客様からも高く評価されています。

 

一度、試してみてはいかがでしょうか?

カーコーティングがおすすめの理由

大切なお車は見た目としても常にきれいに保っておきたいものですし、買い替えの際に売却することや下取りしてもらうことを考えれば、ボディのダメージを防いで、できる限り良い状態に保っておきたいものです。

 

そのためにもおすすめなのがカーコーティングです。

 

カーコーティングは汚れや水垢の付着を防止して、車を常にきれいな状態に保ってくれるほか、紫外線によるボディカラーの退色や日焼けを防ぐことや鳥の糞や虫の死骸、落ち葉などの付着によるサビや変色から防いでくれる役割を果たしてくれます。

 

ガラスコーティングなら、小石の飛び散りなど小さなダメージから防ぐ作用も期待でき、細かな傷が付くのを防いでくれることも可能です。

 

さらにコーティングの効果が発揮されている間はワックスがけの必要もなくなり、水洗い程度で汚れが落ちるため、お手入れも楽になるのがメリットです。

車両にコーティングを施す利点と注意点

コーティングは専用の薬剤や塗料で皮膜を形成した状態です。

 

自動車などの車両にはツヤ出しや撥水のほか、傷防止の目的で行われます。

 

車両は用途の性質上、常に屋外にさらされる形になるのでどうしても汚れや傷が付いてしまいます。

 

特に車体の傷はサビの原因になり、放置すると見栄えが悪くなるだけではなく耐久性の低下にもつながるので危険です。

 

コーティング加工は単にきれいな外観を保つだけではなく、愛車を長持ちさせるための予防策と言えるでしょう。

 

コーティングは利点が多い一方で均一な厚さの皮膜を作る技能が要求されます。

 

皮膜にムラがあると耐久性が低下し、剥がれやすくなるためです。

 

素人作業では塗りムラが生じやすいので整備工場など車両を扱う専門の施設に任せるのが賢明です。

 

また、使用する薬剤や車両の大きさなどさまざまな要因で作業工賃が変わるのでその点も注意しなければいけません。