邑久SSブログ

コーティングの耐久性を持続させるのに役立つコンディショナー

カーコーティングを施すと汚れは水洗いだけで簡単に落ちる、ワックスがけは不要などお手入れの手間が省けると言われます。

 

もっとも、手入れの仕方は人によって差が出るほか、環境によっては水洗いだけでは汚れが少しずつ蓄積されてしまうケースもあるので注意しなくてはなりません。

 

たとえば、火山灰を浴びる地域、近くに鉄工所などがあり鉄粉が付着しやすい地域、中国から黄砂やPM2.5などが飛んでくる地域などもあります。

 

コーティングしても、汚れが落ちにくくなったときや撥水作用などが低下してきたと感じたらコンディショナーを使ってみましょう。

 

軽い汚れを落とすクリーナ成分に加えて、撥水性能を復元する成分が入っています。

 

洗車後にボディ全体に薄く伸ばした後に、水洗い洗車をして仕上げます。

 

コンディショナー成分を均一に伸ばすためで、ムラがあるとかえって汚れが付いてしまうため注意が必要です。

メリットが豊富なガラスコーティング

カーコーティングにもいくつかタイプがありますが、ガラスコーティングはボディの保護作用が高く、耐久年数も長く、見た目にも艶々となって美しいのが特徴です。

 

硬いガラスを成分にしているので、車のボディを薄いガラス被膜で保護することができます。

 

表面がピカピカになって光沢が高まり、まるで新車のような輝きを放つのが魅力です。

 

見た目だけでなく、硬いガラスの保護膜が形成されるため、汚れや水垢、紫外線ダメージから防止するとともに、ちょっとした傷なら防いでくれ、小石の飛び散り程度なら傷が付かなくなる効果も期待できます。

 

ピカピカと輝くことから、すでにボディ表面に付いている傷が目立たなくなり、お車のダメージをカモフラージュしてくれる効果もあります。

 

耐久性は3年から5年ほどと長く、水洗い程度で汚れが落ちるのでお手入れの手間も省けるのがメリットです。

DIYでコーティングも良いけれど、やはりプロの技は違います

一昔前はカルナウバロウ入りのワックスで、車のボディをピカピカに磨いたものです。

 

DIYで可能であり、ワックス後のピカピカのツヤを眺めては達成感を感じるという人も多かったのではないでしょうか。

 

しかし3ヶ月で効果は薄れ、その度ごとにワックスがけしなければならないので、手間と労力が大きな問題でした。

 

最近は数年の耐久性があるガラスコーティングを主流となってきています。

 

一度塗布すればしばらくはノーメンテナンスでOKというのが大きな魅力です。

 

薄いガラスの膜に覆われ、ワックスのツヤとは一味違った輝きを醸し出します。

 

ガラスコーティングもDIYでできないことはありませんが、色むらが発生しやすく失敗したときが大変です。

 

当店では経験豊富なプロのスタッフがお客様の愛車をきれいにコーティングしております。

 

その仕上がりの美しさと耐久性の高さに、施工されたお客様からも高く評価されています。

 

一度、試してみてはいかがでしょうか?

カーコーティングがおすすめの理由

大切なお車は見た目としても常にきれいに保っておきたいものですし、買い替えの際に売却することや下取りしてもらうことを考えれば、ボディのダメージを防いで、できる限り良い状態に保っておきたいものです。

 

そのためにもおすすめなのがカーコーティングです。

 

カーコーティングは汚れや水垢の付着を防止して、車を常にきれいな状態に保ってくれるほか、紫外線によるボディカラーの退色や日焼けを防ぐことや鳥の糞や虫の死骸、落ち葉などの付着によるサビや変色から防いでくれる役割を果たしてくれます。

 

ガラスコーティングなら、小石の飛び散りなど小さなダメージから防ぐ作用も期待でき、細かな傷が付くのを防いでくれることも可能です。

 

さらにコーティングの効果が発揮されている間はワックスがけの必要もなくなり、水洗い程度で汚れが落ちるため、お手入れも楽になるのがメリットです。

車両にコーティングを施す利点と注意点

コーティングは専用の薬剤や塗料で皮膜を形成した状態です。

 

自動車などの車両にはツヤ出しや撥水のほか、傷防止の目的で行われます。

 

車両は用途の性質上、常に屋外にさらされる形になるのでどうしても汚れや傷が付いてしまいます。

 

特に車体の傷はサビの原因になり、放置すると見栄えが悪くなるだけではなく耐久性の低下にもつながるので危険です。

 

コーティング加工は単にきれいな外観を保つだけではなく、愛車を長持ちさせるための予防策と言えるでしょう。

 

コーティングは利点が多い一方で均一な厚さの皮膜を作る技能が要求されます。

 

皮膜にムラがあると耐久性が低下し、剥がれやすくなるためです。

 

素人作業では塗りムラが生じやすいので整備工場など車両を扱う専門の施設に任せるのが賢明です。

 

また、使用する薬剤や車両の大きさなどさまざまな要因で作業工賃が変わるのでその点も注意しなければいけません。

2つの層で塗装面を守ってくれるキーパーコーティングの溶剤

キーパーコーティングの溶剤は2種類からできています。

 

二重の層で被膜を形成することで、ボディの塗装面をしっかりと保護して防汚や撥水作用を発揮するとともに、透明感ある美しいツヤのベールをかけることができるのです。

 

一層目はガラス被膜となり、柔軟かつ強靭な被膜で塗装面を守り、ツヤも与えてくれます。

 

二層目はレジンという特殊な被膜で、水しみや紫外線などを防いでくれるとともに、ツヤに深みを与える役割も果たしてくれるのです。

 

溶剤は専門知識を持つスタッフが揃う、メーカー専属の化学研究室で開発が行われます。

 

技術開発部のスタッフが実際に使ってみて繰り返しテストを行い、その結果をフィードバックして改良を重ねていきます。

 

そのうえで、直営店で実際に試してみて問題がないかをチェックし、さらにフィードバックして改善を加えたうえで製品化されるのです。

事故や傷を付けても部分施工ができるから安心のキーパーコーティング

キーパーコーティングの専門店は常にお客様目線で対応してくれる、安心で満足できるサービスを揃えています。

 

キーパーコーティングを施した後、万が一、自損事故や衝突事故などを起こしてへこみや傷ができてしまい、板金塗装をしたという場合、コーティングが剥がれてしまった場所だけの部分施工が可能です。

 

1パネルあたり、ボディ全体をコーティングした場合の15%の料金で利用できます。

 

板金塗装による修理をした後、全体を塗り直さなくてはならないとなると費用もかかってしまいます。

 

修理費用がかかったうえに、コーティングのやり直しは辛いものがあるでしょう。

 

ですが、キーパーコーティングでは部分施工に対応してもらえるので、費用を抑えながら、ボディ全体のツヤの統一性をキープすることが可能です。

 

もし、板金塗装を施した際も、気軽に相談してみましょう。

キーパーコーティングのコーティング剤は通販では購入できません

キーパーコーティングのコーティング剤は公式には通販をしていません。

 

プロ専用ですので、個人的に購入できないことになっています。

 

キーパーコーティングの基本理念として、コーティング剤だけが商品だとは考えておらず、コーティングをする技術と経験値の高いスタッフ、高品質なコーティング作業のすべてが揃って初めて満足のいく商品として提供できるとしています。

 

つまり、メーカー認定の資格を持つ技術者による施工も含めて提供されるものなので、その一部であるコーティング剤だけを切り離すわけにはいかないからです。

 

もっとも、公式の通販サイトは用意されています。

 

そこではキーパーコーティングのコーティング剤以外で、個人でも気軽に使うことができるアイテムが販売されています。

 

洗車セットやクロス、モップ、クリーナーなど、高品質でプロレベルのアイテムを購入できるのが魅力です。

洗車機でも洗えて便利なキーパーコーティング

キーパーコーティングは耐久性が高く、長期にわたってノーメンテナンスで塗装面の保護効果とツヤが持続します。

 

クリスタルキーパーなら1年間、ダイヤモンドキーパーなら3年にわたってメンテナンス不要、ご自身での洗車だけでキレイが持続できるので便利です。

 

手洗い洗車だけでなく、洗車機にかけても問題ありません。

 

しかも、防汚作用が高いので、洗車の回数も減らすことができます。

 

洗車に行く手間やコストも省けてお得です。

 

手間を省きたい方にとっても便利なコーティング剤となっています。

 

ただし、洗車後はしっかりと拭き上げを行うようにしましょう。

 

なぜかというと、水道水はミネラル分が多く含まれているので、そのまま乾くとシミの原因となってしまうためです。

 

一方、雨は含まれているミネラル分が微量なので、雨が降るたびに気にする必要はありません。

洗車だけで長くキープできるキーパーコーティングの魅力

キーパーコーティングはノーメンテナンスで耐久性が高く、日常的な洗車だけで美しいツヤと車の塗装面を汚れや紫外線、水垢などから守る働きが持続します。

 

コストパフォーマンスに優れた1年耐久のクリスタルキーパーなら、1年間ノーメンテナンス、ダイヤモンドキーパーなら3年間ノーメンテナンスで、お店に何度も通う必要がありません。

 

洗車は手洗い洗車だけでなく、洗車機にかけても問題ないため、自分で洗車するのが面倒という方も安心です。

 

しかも、汚れが付きにくくなることから、キーパーコーティングの施工前に比べて洗車が必要になる回数もグッと減らせます。

 

手洗い洗車の手間が省けるのはもちろん、洗車機をかけに行く手間や時間、費用も抑えられるのが魅力です。

 

なお、鳥のフンや樹液、花粉が付いた場合には早めに洗車をして酸化シミができるのを防ぎましょう。