邑久SSブログ

コーティング後に洗車する際の注意点

愛車にコーティングを行うと洗車が楽になります。

 

通常であれば洗車を完了させるまでに数時間を要しますが、コーティングを施すことでわずか1時間ほどの短時間で愛車の美しさを取り戻すことも夢ではありません。

 

しかしながら、コーティングを行った後に洗車をする際には、いくつかの注意点があります。

 

まず、愛車を傷つけてしまうことがないように繊維の細いタオルを使用することがポイントです。

 

たとえば極細繊維で作られているマイクロファイバークロスを使用すると愛車を傷つけることなく、汚れを簡単に落とせます。

 

基本的にコーティングを施している愛車であれば、洗浄剤を使用しなくても水洗いだけでも汚れをスッキリと落とせるのです。

 

しかし、頑固な汚れが付いている際には、コーティング後にも安心して使用できる弱酸性の洗浄剤を使用してみるといいでしょう。

 

清潔感を取り戻し愛車に磨きをかけられます。

コーティング技術に優れたスタッフが愛車をピカピカに

最近はプロ仕様の本格的なカーコーティング剤が、手軽に購入できるようになりました。

 

しかし、経験未熟な方が手を出すと、ムラが出てしまうことや下地がきれいに処理されていないので思ったほどの効果を得られないこともしばしばあるようです。

 

ガラスコーティングなどは一度塗布すると失敗しても、簡単に落とすことはできないので要注意です。

 

弊社スタッフはコーティングの訓練を受け、経験と高い技術を有しています。

 

大切なお車をピカピカにしたいのなら、ぜひ一度ご相談ください。

 

ご予算に合わせて最適なプランをご提案いたします。

 

また、その際に小さな傷なども一緒に直してはいかがでしょうか。

 

小さな傷であれば、あっという間に目立たなくさせることが可能です。

 

大切な車に傷があると、せっかくコーティングしても魅力が半減してしまいます。

 

その他にも車に関することなら何なりとご相談ください。

カーコーティングの仕上がり品質は下地処理で決まる

カーコーティングはお車の見た目をピカピカにして新車のような輝きを取り戻すとともに、お車を汚れや水垢、紫外線ダメージなどから保護してくれる効果が得られるものです。

 

もっとも、見た目の美しさやお車を保護する作用は、下地処理がしっかり行われていないと発揮されません。

 

どんなに高い費用を払っても、どんなにハイグレードなコーティング剤を使っても、下地処理が徹底されていないと本来の働きを発揮できないのです。

 

下地処理では表面の汚れをはじめ、洗車やシャンプーだけでは落ちないこびりついた汚れや鉄粉、サビなどを丁寧に除去していきます。

 

そして、油分が残らないよう脱脂を行い、塗装面にムラが出ないよう凹凸がないように滑らかになるよう磨いていきます。

 

手間暇かけて下地処理を行うことで、コーティング剤の密着度が高まり、耐久性のある保護作用と見た目の美しさが発揮できるのです。

コーティングをするとワックスがけが不要に

車の洗車やワックスがけが面倒、忙しくて時間が十分に取れないとお悩みの方はいませんか。

 

ワックスがけの手間や時間を省きたいなら、カーコーティングがおすすめです。

 

カーコーティングを施すことで、日々の紫外線や風雨によるダメージや、大気中のダスト、鳥の糞や虫の死骸、枯れ葉などの付着によるダメージから守ることができます。

 

汚れが付いても水洗いすれば、すぐにきれいになり、丁寧に洗車をする手間も回数も減らせます。

 

コーティング剤の作用は長く続き、表面がピカピカに仕上がることから、ワックスがけの必要もありません。

 

ポリマーコーティングは費用が安い分、耐久性は数ヶ月ですが、それでも、毎月のようにワックスがけをする必要がなくなります。

 

ガラスコーティングなら数年キープできるので、その間、ワックスがけやワックスを買う費用も抑えられます。

メンテナンス剤でコーティングして美しさをアップ

コーティングで使われるメンテナンス剤の効果をご存知でしょうか。

 

ガラスコーティングなどに使用されるメンテナンス剤は、洗車をした後に使用するだけで美しさを長持ちさせることができます。

 

耐久力が高くツヤ感をアップできるのもコーティングのメンテナンス剤の嬉しい特徴です。

 

コーティング剤の効果を高め愛車の美観性を長く保ちたいのであれば積極的にメンテナンス剤を使用してみると良いでしょう。

 

メンテナンス剤をシュッと愛車に吹きかけるだけで撥水性や耐久性のほかにも密着性や光沢性を高めてくれます。

 

さらに汚れが付きにくくなるのもメリットです。

 

コーティングのメンテナンス剤は、塗装表面に使用することができます。

 

また、樹脂パーツやホイルなど愛車全体に使用することが可能となっているため、一切妥協のないお手入れを行うことができるでしょう。

利便性が高いオートフラット

一度に数百万円かかる新車の購入よりも、費用を抑えて利用できるカーリースに注目が集まっています。

 

その中でも、初期費用がかからないとして人気が高い「オートフラット」を知っていますか。

 

オートフラットは出光で提供しているマイカーリースで、月々定額で自賠責や自動車税、さらに車検費用が含まれているプランをはじめ、3つのプランから料金を選ぶことができます。

 

月々の料金やサービス内容の中から好きなタイプを選んで利用できるのがメリットです。

 

最も大きな特典として挙げられているのは、契約プランによってガソリンの値引きがあることだと言います。

 

リッターあたり3円から7円までの給油値引きがあるため、ガソリン代を抑えて補償の手厚いプランを選ぶか、コストを全体的に抑えたプランにするのかは、乗る頻度やライフスタイルによって決めることが可能です。

 

また、オートフラット専用の任意の自動車保険も用意しているため、保険会社をチェックして情報検索を行うことや保険会社の見積もりをチェックする時間を取る必要もありません。

 

効率良くすべての作業がスムーズに済ませられるため、メリットが大きいカーリースサービスと言えるでしょう。

今話題のアポロハットとは?

アポロハットとは、出光とイエローハットが提携して生まれたサービスです。

 

カー用品や車のメンテナンスサービスを低価格で提供しているだけでなく、サービスの質も抜群です。

 

出光とイエローハットが提携したサービスであることからさまざまなカーライフのサポートを無駄なく受けることができます。

 

たとえば出光に足を運んでもイエローハットで取り扱っている商品を気軽に購入することが可能です。

 

ガソリンを給油しに行きながら同時にカー用品を買えるのもアポロハットの魅力と言えます。

 

もちろん出光でイエローハット商品を購入する際にも同等の価格で手に入れることができます。

 

ガソリンスタンドでありながらも、まるでカーショップに足を運んだかのようなワクワク感を味わえるのも人気の理由です。

 

出光に足を運んだ際には、ぜひアポロハットサービスにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

コーティング剤は種類によって施工のしやすさや効果が異なる

車に汚れや水垢が付くのを防いでくれるコーティング剤は、1つだけではありません。

 

成分によっていくつかの種類に分けられるうえ、メーカーやグレードによって効果や耐久性なども異なっています。

 

カー用品店などでも販売されているコーティング剤として有名なのは、ポリマーコーティングです。

 

一般の方でも施工できるタイプで、プロに頼めば即日施工ができるスピーディーさもメリットです。

 

一方、耐久性は低く、製品のグレードなどにより2~3ヶ月程度で効果が薄れます。

 

耐久性が高くボディを保護する効果が強いのが、ガラス成分を含むガラスコーティング剤です。

 

ガラスの被膜でボディを保護するので、小石による飛び散り傷なども防ぐことができ、耐久性も製品のグレードにより1年から3年ほどと長くなります。

 

施工期間は数日ほどで費用も高くなりますが、車を保護する効果は高まります。

コーティングのメンテナンス時期

コーティングを行うと愛車を汚れや傷から守ることができますが、定期的にメンテナンスを行うことで、より効果をアップすることにつながります。

 

特にツヤ感や撥水性を維持したいのであれば積極的にメンテナンスを行うようにすると良いでしょう。

 

メンテナンスを行う最適なタイミングは、車に乗る頻度によって違いがあります。

 

日常生活の中で頻繁に車に乗るという方であれば約2週間を目安にしてコーティングのメンテナンスを行ってみると効果を持続させることができます。

 

コーティングのメンテナンスを行う際には、専用の薬剤を使用してみると安心です。

 

しかし、質の悪いコーティング剤を使用しているとわずか1ヶ月ほどの短期間で撥水効果が落ちてしまうケースもあるため注意が必要です。

 

長期間にわたり愛車の美しさを維持したい方は、コーティングのメンテナンスにも力を入れている弊社までお気軽にお問い合わせください。

コーティングにムラができる原因とは

せっかくカーコーティングを施しても、コーティングの塗装面にムラができると見た目が美しく見えないばかりか、ボディを汚れや水垢から予防する効果が十分に得られません。

 

耐久性も悪くなり、お車を十分に保護できなくなります。

 

ムラができてしまう原因は、コーティング剤を塗る作業が粗雑である場合や未熟であるだけではありません。

 

コーティング剤を塗る前の下地処理をいかに徹底的に行ったかに、大きく左右されるため注意が必要です。

 

コーティングをするにあたっては、ボディ表面に付いた汚れや油脂、鉄粉や大気中のダストや化学物質の付着を徹底的に除去しなくてはなりません。

 

少しでも汚れなどが残されていると表面がデコボコとなり、コーティングを施工してもムラができてしまいます。

 

汚れを徹底的に除去し、表面が滑らかになるように下地処理を施すことがムラなく施工するために重要です。