邑久SSブログ

シャンプー洗車も可能なキーパーコーティング施工後の注意点

キーパーコーティングをした後は撥水作用や防汚作用が高まり、美しいツヤが出るのが魅力です。


クリスタルキーパーなら1年間、ダイヤモンドキーパーなら3年にわたってノーメンテナンスでよく、日常的なお手入れとして洗車をすればよいだけです。


ワックスがけの手間からも解放され、ワックスの摩擦でボディ面を傷付ける心配もなくなります。


汚れが付きにくくなるので、キーパーコーティングを施工する前に比べて洗車回数も減らせます。


汚れが気になるときなどはシャンプー洗車もできますが、コーティング剤やコンパウンドの入っていないものを使いましょう。


購入前に成分を確認するほか、お手持ちのシャンプーの成分をチェックしてから使うようにしてください。


コンパウンドが入っていると、キーパーコーティングの塗膜を傷つけ、防汚作用や耐久性を弱める原因となります。

ボディサイズに応じてリーズナブルに施工できるキーパーコーティング

キーパーコーティングは車のサイズを基準に見積もりをして、料金が決まります。


サイズごとの参考価格表が公表されているので、事前にどのくらいの費用がかかるか確認できるのも便利です。


軽自動車からミニバンなど幅広いサイズの車に対応できます。


サイズが大きくなるほど施工時間はかかりますが、2日以上かかることは基本的にないので、毎日車を使うニーズがある方でも安心です。


車は日本車はもちろん、欧米の輸入車にも対応可能です。


中でも高品質なツヤと保護作用が強いダイヤモンドキーパーはドイツのメーカーが開発しているため、ドイツ製の高級外車にも適しています。


本国のドイツでは高級外車ブランドでダイヤモンドキーパーが純正指定されている実績があるので、安心して依頼できます。


費用が気になる方はまずは見積もりから、気軽に問い合わせてみましょう。

キーパーコーティングでケアして愛車をいつまでも美しく

愛車はいつもキレイにしておきたいと思ってはいても、洗車やワックスがけの時間が取れないという方もいるのではないでしょうか。


常に薄汚れた車に乗っていては印象も悪いだけでなく、自分もテンションが下がります。


お車をケアする時間を省きたいと思ったら、キーパーコーティングがおすすめです。


種類にもよりますが、1年から3年ほどノーメンテナンスでキレイさが持続します。


汚れてきたなと思ったら洗車をするだけでよく、これまでに比べて洗車の回数も圧倒的に減らせます。


洗車が面倒な方や時間がない方も、たまに洗車するだけでキレイさが持続するので、ケアの時間がない方におすすめです。


一方、お車のケアは欠かさないという車を大切にする方にも、キーパーコーティングは最適です。


汚れや紫外線から守り、塗膜によるカバーで傷も付きにくくなります。

キーパーコーティングをお得に行いたいならキャンペーン情報をチェック

愛車をキレイに保ち、紫外線や汚れなどから守ってくれるのが、キーパーコーティングです。


この加工を施しておくと、汚れも落ちやすくなり洗車も楽になるというメリットもあります。


キーパーコーティングをキレイに仕上げるためには、特殊な技術が必要となります。


素人がやってもうまくいかないこともありますので、できるだけ専門のスタッフがいるお店にお願いするのがおすすめです。


キーパーコーティングのお値段は、どのようなコーディング剤を使用するか、車のサイズや施す場所によって異なっています。


10,000円から100,000円と幅がありますので、お店のホームページなどで料金をチェックしてみるとよいでしょう。


中には、お得なキャンペーンを実施しているお店もあったりします。


少しでも安い料金でキーパーコーティングをしたいと思っている方は、こまめにキャンペーンをチェックしてみてください。

新車にも経年車にも、鏡のようなツヤ

白っぽい車では目立たないような浅い傷でも、黒や紺などの車では気になることもあります。


洗車などでも付いてしまう磨き傷を軽減したいなら、キーパーコーティングを試してみるとよいでしょう。


非常に細かい分子で成り立っているため、ボディに負荷をかけずにツヤツヤの仕上がりが期待できます。


傷の修復、軽減だけではなく、納車されたばかりの新車にキーパーコーティングを行うのもおすすめです。


雨や雪での汚れや洗車機での傷、紫外線による塗装へのダメージなども防いでくれますので、新車ならではの鏡のようなツヤを長くキープすることができるでしょう。


もちろん新車だけではなく、長く乗っている愛車にも施工可能です。


洗車やワックスでのツヤ出しに限界を感じているなら、ぜひキーパーコーティングをお試しください。


汚れが付きにくくなり、お手入れの回数を減らしてもキレイな状態を保つことが可能です。

強靭なガラス被膜で塗装面を守ってくれるキーパーコーティング剤

キーパーコーティング剤は厚いガラス被膜がボディの塗装面の凸凹に入り込めるナノ構造となっており、アンカー効果で塗装面にしっかりと密着、定着してくれます。


高い撥水性や防汚作用を発揮するとともに、透明感ある深いツヤが出るのが魅力です。


キーパーコーティング剤のガラス被膜はSiO2の分子結合の連続がナノのレベルとなっています。


低分子状態のアルコキシオリゴマーという構造で、柔軟性を持ちながらも強靭なのが特徴です。


塗装と熱膨張率に差が出る場合でも柔軟性が高いので、分厚い膜が塗装面から剥がれる心配がありません。


柔軟度の高いガラス被膜の上にさらに独自開発の特殊なレジンの膜を張ります。


これによって水シミを強力に防止すると同時に、美しいツヤや透明感をもたらします。


よほど塗装が劣化していない限りは、経年車でも研磨不要で驚きのツヤが出せるのです。

DIYよりプロに任せたいキーパーコーティング

キーパーコーティングは耐久性も高く、ツヤ感にも優れているため、ネットショップやネットオークションなどで手に入れて、自分でDIYしたいと考える方もいるようです。

 

キーパーコーティングはガラス塗膜とレジンという特殊な被膜で構成されるので、まずは下地処理をしっかりと施した後にガラス塗膜をかけ、しっかりと乾燥した後でレジンをコーティングする必要があります。

 

日々、カスタマイズを手掛けるなど、ボディ面や薬剤に詳しい方なら別ですが、基本はプロのお店で施工してもらうのがベストです。

 

というのは、キーパーコーティングは単に溶剤だけを商品として売っているのではなく、プロによる施工技術も含めて商品だとして提供しているためです。

 

施工するにはメーカーの研修を受け、検定試験に合格する必要があり、専門技術に基づく施工でコーティングの性能を引き出します。

従来のガラスコーティングと異なるキーパーコーティングの安心と品質

キーパーコーティングはガラス被膜と特殊なレジンの二層構造で塗装面を守り、美しいツヤと透明感を与えてくれます。

 

Wダイヤモンドキーパーならガラス面が二重になり、三層構造にできます。

 

従来のポリシラザン系ガラスコーティングは塗装の凸凹を埋められないくらい非常に薄い被膜なのでダメージから守る効果も低く、ツヤが出ません。

 

コーティング膜でツヤが出ないため、塗装の凸凹を磨いて表面を平らにしてからコーティングする必要があるため、施工時間もかかります。

 

新車の施工はしやすいものの、塗装が傷んだ経年車への施工は困難を極めます。

 

これに対して、キーパーコーティングの場合、よほど塗装面の劣化が進行していない限りは、経年車であっても研磨せずに驚くようなツヤが出せ、新車のように蘇らせることが可能です。

 

研磨をかけないので塗装面を傷めることもなく、安心して施工できるのも魅力です。

新車以上の美しい輝きを

車のボディは常に紫外線や雨風、砂や泥などの汚れなど、車にとってよくない環境に常に置かれています。

 

新車のような輝きをいつまでもキープしたいと思っても、通常の洗車やワックスがけのみでは、なかなかそれを実現するのは難しいことです。

 

そこでおすすめのがキーパーコーティングです。

 

経験豊富なプロによる技と市販ではなかなか購入できないプロ仕様の専門のコーティング剤によって、新車以上の輝きを手に入れることができます。

 

さらに、非常に耐久性があるので、一度塗ってもらえば、しばらくの間はメンテナンスをする必要がなくなるのです。

 

仮に汚れたとしても、軽く水洗いをするだけで元の状態に戻すことができます。

 

楽をしながら、大切な車の輝きをいつまでもキープしたいのなら、キーパーコーティングを施工することをおすすめします。

 

ピカピカの輝きを手に入れれば、ドライブも今まで以上に楽しくなることでしょう。