邑久SSブログ

コーティングした車に洗車機を使っていい?

車の見た目を美しく保つためにコーティングは有効ですが、被膜でコーティングすることによってこのほかにも汚れが付きにくくなる効果もあります。

 

ただ、コーティングをしたからといってそのまま洗車しないという選択をしてはいけません。

 

車を運転しているとどうしてもチリやホコリ、虫などが付着しやすくなってしまいます。

 

これらを放っておくとせっかくの被膜が剥がれてしまうので、意味がなくなってしまいます。

 

洗車は手軽なのでつい洗車機を使いたくなってしまいますが、できれば洗車機の使用は避けましょう。

 

洗車機のブラシでせっかくの被膜が剥がれてしまうリスクがあるためです。

 

また、砂などが付いていた場合も、傷が付いてしまう可能性もあります。

 

できれば手洗いするか、もしくは近年水圧で洗浄するノンブラシの洗車機も出てきていますので、そちらを使用すると良いでしょう。

定期的にコーティングや洗車をするのがおすすめ

定期的に車のボディコーティングを行うと、汚れが付きにくく塗装の劣化を防止でき、いつもきれいな状態に保ちます。

 

しかし、コーティング作業は手間と時間がかかるうえ、場所も取ります。

 

そのため、ついつい疎かになりがちではないでしょうか。

 

そのようなときは、コーティングと洗車を同時に行うのがおすすめです。

 

そうすることでとても美しい仕上がりになります。

 

スタッフは経験豊富であり、丁寧かつスピーディーにお客様の大切な愛車をピカピカにいたします。

 

お客様のニーズに合わせて、数種類のコーティング剤をご用意しております。

 

コーティング剤の種類によって耐久性や費用が変わってきます。

 

こまめにコーティングを行いたい方は安いタイプでも十分ですし、一度コーティングを行ったらしばらく何もしたくないという方は、高品質タイプを選んでみてください。

カーコーティングするなら専門店がおすすめ

カーコーティングはどこで施工しても同じではありません。

 

車の修理や整備、車検などの+αのサービスとして、片手間で提供しているお店と、コーティングに力を入れている専門店では仕上がりが違います。

 

見た目の美しさだけでなく、車を汚れや水垢などから保護する効果や、どのくらい持つかという耐久性にも大きな違いが出るので、同じように費用をかけて行うなら、専門店がおすすめです。

 

専門店とそれ以外の店との違いは、下地処理と後処理にどのくらいの時間や手間をかけるかに現れます。

 

コーティング剤がしっかりと密着し、凹凸なく滑らかに固着させるためには、ボディに付着した汚れや油脂、鉄粉などをきれいに除去し、凹凸をなくす下地処理が欠かせません。

 

コーティング剤を施工した後の磨き上げなど、細かな作業一つで、耐久性にも影響が出るため、こだわりを持ったお店での施工がおすすめです。

 

弊社はカーコーティングに定評があります。

 

どうぞお気軽にご相談ください。

カーコーティングで水垢を防止

雨が降った後をはじめ、洗車時にも発生するボディ表面の水垢は見た目が悪く、蓄積するほど車のボディを傷める原因にもなります。

 

水垢の付着や固着を予防してくれるのがカーコーティングです。

 

コーティング剤により、撥水性能や防水性能を持つものと親水性を持つタイプとに分かれます。

 

水を弾いて水垢を予防するタイプと水と馴染んで水を滑らかに流して排水するタイプがあり、いずれにしても水垢の付着や定着を予防できます。

 

お車をいつまでもきれいな状態に保ちたい方、雨上がりのお手入れや日々の洗車に十分な時間をかけられない忙しい方や手間をかけるのが面倒な方にはカーコーティングがおすすめです。

 

カーコーティングを施すことで水垢の付着を予防できるとともに、汚れが付いても水洗いでサッと落ち、水垢が残る心配も減らせます。

 

そのため、愛車を常にきれいに保ちたいならばカーコーティングをすることがおすすめです。

親水性に優れたコーティング剤の働きとは

耐久性が高く、車の汚れや水垢、紫外線ダメージや鳥糞や虫の死骸、落ち葉などの有機物によるボディカラーの変色やサビなどから保護する性能に優れたガラスコーティングには、大きく分けて2種類のタイプがあります。

 

一つは撥水タイプで、水を弾く防水作用で汚れや水シミを寄せ付けないタイプです。

 

もう一つは親水タイプです。

 

親水とは水に親しむという字の通り、水馴染みが良い状態になります。

 

雨が降っても表面に固着せず、コーティング剤の親水作用で流れるように落ちていきます。

 

表面に水が残らないため、雨染みやウォータースポットができにくいのです。

 

土埃や大気中の化学物質など細かなダストが付着しても、雨とともに汚れが包み込まれるように落ちていきます。

 

鳥糞や虫の死骸、落ち葉などが固着しても自然の雨や洗車をするだけでするりと落ちるのが親水性のメリットです。

新車だからこそカーコーティングがおすすめ

新車が納車されるとワクワク感に包まれ、子どものように喜ぶ方は少なくありません。

 

大切な愛車を長く美しい状態に保ちたいと、納車されたばかりの時期は車を走らせるのも気を遣い、わずかな汚れも傷も付けたくないと緊張さえするものです。

 

一方、ピカピカの新車に余計なことを施すことは躊躇されるかもしれません。

 

納車されたままの状態を、いかに保つかを考える方が多いためです。

 

もっとも、納車されたままの美しい状態を保ちたいなら、納車後すぐにカーコーティングを行うのがおすすめです。

 

カーコーティングによってボディに汚れや水垢が固着するのを防ぐとともに、紫外線や風雨による日々積み重なるダメージや、鳥の糞害や虫の死骸、落ち葉の付着によるダメージからも守ってくれます。

 

新車を任せても安心の高い技術を持つ当店に安心してお任せください。

傷消しに役立つコーティングとは

カーコーティング剤は車の汚れや水垢の付着を防ぎ、水洗い程度で簡単に汚れが落ちるようになり、ワックスがけの手間もいらなくなるなど、お車のお手入れが便利になるのがメリットです。

 

紫外線や風雨、大気中に含まれるホコリやチリなどのダストや化学物質によるダメージからも守ってくれます。

 

鳥の糞や虫の死骸、枯れ葉など有機物の付着による酸化からも守ってくれ、ボディのサビや変色を防いでくれます。

 

一方、ぶつけた際や衝突などによる大きな傷やへこみを防ぐことはできません。

 

もっとも、ガラスコーティングであれば、ガラス被膜で保護できるので、小石の飛び散りや、ごくわずかにこすった傷から防げるケースもあります。

 

一つのメリットとして、すでに付いている小さな傷を目立たなくする傷消し効果が期待できます。

 

ガラスコーティングでピカピカに磨きあげることで、傷がわかりにくくなるのです。

コーティングの重ね塗りの効果

コーティングをした後にさらに溶剤を重ね塗りすることで耐久性が上がります。

 

コーティングが取れにくくなるのはもちろんのこと、水弾きも良くなるため、大切な愛車が長年にわたり美しさを保ちます。

 

頻繁に愛車の洗車を繰り返していたという方も、コーティングを重ね塗りすることで汚れにくさを実感できるでしょう。

 

また、ツヤ感もアップするので、いつでも快適に、そして気持ちよくドライブを楽しめます。

 

愛車の耐久性や美しさを維持するためにコーティングの重ね塗りを実践する方も増えていますが、自身で行う際には注意が必要です。

 

コーティング剤とワックス剤を併用して使用してしまうと、効果をしっかりと実感することはできません。

 

コーティング後にきちんと軟化させた後に重ね塗りすることがポイントですが、完全に硬化させるには数日を要します。

 

しっかりと重ね塗りの効果を実感したい方は、お気軽に当店までお問い合わせください。

コーティングの種類の選び方

コーティング剤にはいくつか種類があり、一般的な施工店では大きく分けて2種類が用意されているケースがほとんどです。

 

あなたならどちらを選ぶでしょうか。

 

まず、費用が安いものと高いものなら、どちらがいいでしょうか。

 

費用だけで選ぶなら、ほとんどの方が安い方を選ぶかもしれません。

 

では、耐久性が2ヶ月から3ヶ月のものと、3年から5年程度のものならどちらを選ぶでしょうか。

 

前者は数ヶ月置きにコーティングし直す必要があり、年に4回から6回の塗り直しを実施する必要があります。

 

後者なら数年間効果が持続し、年に一度のペースでメンテナンスを受ければ大丈夫です。

 

費用が安いポリマーコーティングは1回の料金は安くても、年に何度も行う費用と手間がかかります。

 

これに対して、効果が持続するガラスコーティングは1回の費用は高いですが、手間が省けて車を保護する性能も高いのがメリットです。

コーティング後に洗車する際の注意点

愛車にコーティングを行うと洗車が楽になります。

 

通常であれば洗車を完了させるまでに数時間を要しますが、コーティングを施すことでわずか1時間ほどの短時間で愛車の美しさを取り戻すことも夢ではありません。

 

しかしながら、コーティングを行った後に洗車をする際には、いくつかの注意点があります。

 

まず、愛車を傷つけてしまうことがないように繊維の細いタオルを使用することがポイントです。

 

たとえば極細繊維で作られているマイクロファイバークロスを使用すると愛車を傷つけることなく、汚れを簡単に落とせます。

 

基本的にコーティングを施している愛車であれば、洗浄剤を使用しなくても水洗いだけでも汚れをスッキリと落とせるのです。

 

しかし、頑固な汚れが付いている際には、コーティング後にも安心して使用できる弱酸性の洗浄剤を使用してみるといいでしょう。

 

清潔感を取り戻し愛車に磨きをかけられます。