邑久SSブログ

予算に合わせて依頼しやすいキーパーコーティングの価格

キーパーコーティングは専門の知識と技術を習得したプロのお店で施工するのが基本です。


そのため、お店によっても若干価格は異なりますが、比較的リーズナブルな価格で高品質なカーコーティングができるのが魅力です。


1年の耐久性で希望に応じて1年ごとにキーパーコーティングを施していくクリスタルキーパーは、リーズナブルな価格でコストパフォーマンスに優れていると人気です。


SSサイズで16,300円~LLサイズ26,500円が相場で、予算が気になる方にも利用しやすくなっています。


3年ノーメンテナンスの耐久性を持つダイヤモンドキーパーの場合は、SSサイズで46,600円~LLサイズ66,300円、より強靭でツヤに優れたWダイヤモンドキーパーならSSサイズ67,500円~LLサイズ96,200円です。


予算や希望に応じて選びましょう。

下地処理をしっかりして耐久性も高まるキーパーコーティング

キーパーコーティングはメーカーの研修を受け、検定試験を受けて取り扱いの知識や施工技術を認められたスタッフのみが施工します。


コーティング効果が持続し、キーパーコーティングの性能が発揮されるよう下地処理をしっかりと行ってから施工してくれるので、輝きも耐久性にも差が出ます。


丁寧に洗車を行い、水垢などの付着汚れをケアした後で、専門技術を駆使して施工してくれるので任せて安心です。


キーパーコーティングの施工では、お車の塗装を絶対に傷めないことをモットーにしています。


被膜形成をはじめ、あらゆる段階で水を活用する独自のケア作業やケア作業をスムーズに進めることができる効率的なプログラム、ボディの塗装を傷付けない独自開発されたケミカル製品など独自ノウハウによるコーティング技術が一体となって、安心のツヤを作り出します。

キーパーコーティングで重要な下地作りとツヤの関係

車のボディを紫外線や小さい傷から守り、新車のような美しい輝きを与えるキーパーコーティングのやり方は、下地作りから始まります。


この下地作りをしっかり行わないと、キレイな輝きを期待することができません。


下地作りというのは、ボディの汚れや不純物、古いコーティング剤などをキレイに除去し、平らな面を作り上げていくことをいいます。


いわゆる磨きをかけるということです。


根気のいる作業ですが、コンパウンド材を使って、しっかりと下地作りを行うことで、その後コーティング剤を塗布したときの輝きはまるで違ってきます。


凸凹があると光が乱反射してしまい、美しい輝きを手に入れることができません。


そのために下地作りでこの凸凹を削り取り、平らな面にしていくわけです。


その後特殊なガラスコーティング剤を塗布していきます。


このコーティング剤にはガラス被膜成分と特殊なレジン成分が含まれており、美しいツヤだけでなく水シミを防止する効果もあります。

ノーメンテナンスでも持続するキーパーコーティング

キーパーコーティングは種類にもよりますが、一番低コストなタイプでも1年間ノーメンテナンスです。


軽く洗車をするだけでキレイが持続し、洗車の回数も施工前より群と減らせます。


忙しくて洗車をするのも面倒だった方も、手間と時間をカットできるのが魅力です。


コーティングのガラス被膜の厚いタイプなら、3年間ノーメンテナンスになります。


まだまだ車に長く乗る方にはおすすめです。


また、1回メンテナンスを入れることで5年間効果を持続させることも可能です。


持続効果が長い分、コストパフォーマンスにも優れています。


洗車にコストをかけていた方も回数が減らせるので、その分、コストカットが可能です。


自分で洗車していた方も節水に繋がり、水道代も浮かすことができます。


車はキレイにしておきたいけれど、なるべく手間はかけたくない方におすすめです。

ホイールの汚れが付きにくくなるキーパーコーティング

車の中でも特に汚れやすいのが、ホイール部分です。


地面に近いため泥が跳ねてしまいやすいですし、ブレーキにも近いことからブレーキパッドの素材が摩擦で飛び散ってホイールに付着してしまうのです。


ホイールは、とても複雑な形状をしているので、スポークの間など細かい部分を掃除するのは、とても大変で手間がかかってしまいます。


掃除の手間を省いて、ホイールを美しく見せたいのであれば、キーパーコーティング を施してしまうとよいでしょう。


キーパーコーティング を行うことで被膜ができ、泥やブレーキバッドの粉末の汚れが付着しにくくなります。


また、傷も付きにくくなるというメリットもあります。


キーパーコーティングは、自分で行うこともできますが、よりキレイに仕上げたいのであれば、専門のスタッフがいるお店に依頼するのがおすすめです。

ヘッドライトをキレイな状態を保ってくれるキーパーコーティング

キーパーコーティングは、車を美しく保つために施されるコーディングの方法です。


ガラスのように美しいツヤが出る、汚れが落ちやすくなり洗車が楽になる、紫外線から車の塗装を守ってくれるなど、たくさんのメリットがあります。


車本体だけでなく、ヘッドライトにキーパーコーティングを行うことも可能です。


ヘッドライトは黄ばみやすい部分なので、キーパーコーティングを施しておくことで、ずっとキレイな状態を保てるようになります。


キーパーコーティングには、ピュアキーパー、クリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパーなどいくつかの種類があります。


それぞれコーティングの持続期間やお値段も異なっています。


ヘッドライトのキーパーコーティングを検討されている方は、コーティング技術の専門の資格を持っているスタッフがいるお店に相談してみるとよいでしょう。

ステッカーにキーパーコーティングをしても問題はないのか?

キーパーコーティングは、車の本体やホイールやヘッドライトなどの部分に施すことで、汚れや変色を防いでくれる役割があります。


また、キーパーコーティングを施しておくと、1年から3年くらいは効果が持続しますので、洗車などのお手入れも楽になるというメリットもあるのです。


このキーパーコーティングは、基本的にどこの部分にも施すことができるといわれています。


車にステッカーを張っている場合でも、その上からキーパーコーティングをまったく問題ありませんし、効果も十分に得ることができます。


ステッカーは、日光で変色しやすく傷みやすいですから、少しでも長くキレイな状態を保ちたいのであれば、キーパーコーティングを施してしまったほうがよいかもしれません。


どうしても心配な方は、キーパーコーティングを行っている専門のお店に行って、相談してみるとよいでしょう。

シャンプー洗車も可能なキーパーコーティング施工後の注意点

キーパーコーティングをした後は撥水作用や防汚作用が高まり、美しいツヤが出るのが魅力です。


クリスタルキーパーなら1年間、ダイヤモンドキーパーなら3年にわたってノーメンテナンスでよく、日常的なお手入れとして洗車をすればよいだけです。


ワックスがけの手間からも解放され、ワックスの摩擦でボディ面を傷付ける心配もなくなります。


汚れが付きにくくなるので、キーパーコーティングを施工する前に比べて洗車回数も減らせます。


汚れが気になるときなどはシャンプー洗車もできますが、コーティング剤やコンパウンドの入っていないものを使いましょう。


購入前に成分を確認するほか、お手持ちのシャンプーの成分をチェックしてから使うようにしてください。


コンパウンドが入っていると、キーパーコーティングの塗膜を傷つけ、防汚作用や耐久性を弱める原因となります。

ボディサイズに応じてリーズナブルに施工できるキーパーコーティング

キーパーコーティングは車のサイズを基準に見積もりをして、料金が決まります。


サイズごとの参考価格表が公表されているので、事前にどのくらいの費用がかかるか確認できるのも便利です。


軽自動車からミニバンなど幅広いサイズの車に対応できます。


サイズが大きくなるほど施工時間はかかりますが、2日以上かかることは基本的にないので、毎日車を使うニーズがある方でも安心です。


車は日本車はもちろん、欧米の輸入車にも対応可能です。


中でも高品質なツヤと保護作用が強いダイヤモンドキーパーはドイツのメーカーが開発しているため、ドイツ製の高級外車にも適しています。


本国のドイツでは高級外車ブランドでダイヤモンドキーパーが純正指定されている実績があるので、安心して依頼できます。


費用が気になる方はまずは見積もりから、気軽に問い合わせてみましょう。

キーパーコーティングでケアして愛車をいつまでも美しく

愛車はいつもキレイにしておきたいと思ってはいても、洗車やワックスがけの時間が取れないという方もいるのではないでしょうか。


常に薄汚れた車に乗っていては印象も悪いだけでなく、自分もテンションが下がります。


お車をケアする時間を省きたいと思ったら、キーパーコーティングがおすすめです。


種類にもよりますが、1年から3年ほどノーメンテナンスでキレイさが持続します。


汚れてきたなと思ったら洗車をするだけでよく、これまでに比べて洗車の回数も圧倒的に減らせます。


洗車が面倒な方や時間がない方も、たまに洗車するだけでキレイさが持続するので、ケアの時間がない方におすすめです。


一方、お車のケアは欠かさないという車を大切にする方にも、キーパーコーティングは最適です。


汚れや紫外線から守り、塗膜によるカバーで傷も付きにくくなります。