平島SSブログ

目的とゴールイメージを定めることが成功のカギ! 失敗しないリフォームの進め方

目的とゴールイメージを定めることが成功のカギ! 失敗しないリフォームの進め方

今からリフォームをしようかと思っている人が、どうしたら目的に合うリフォームができるか、ということをまとめていきます。

「キッチンやお風呂などの水回りが古くなってきたので、新しいものに変えたい」、「家族構成が変わったので間取りを考えたい」など、リフォームの目的はさまざまですが、進め方にはある程度の共通性があります。この記事を読めば、リフォームの後から「しまった!」と思うことが減らせますから、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

そもそも何のためのリフォームか? 目的を明確にしよう

「リフォーム 進め方」などでネット検索をすると、びっくりする記事が上記に上がってきます。何が驚きかと言うと、リフォームを考える時に最初にするべきことが、「資金繰り、または予算検討」などの金銭面や、「業者選び」と書いてあったりするからです。

リフォームは住んでいる人が不満を解消したり、家族構成の変化などから使い勝手を変更するなど、「目的」が一番に来るべきです。

例えば水回りが古いのでキレイにしたい、住人の年齢が上がったので安全面を強化したいなど、リフォームは目的があって始まるものです。資金繰りや業者選びはもちろん大切ですが、順序としては3、4番目に来るべきでしょう。

リフォームで失敗するパターンとして、目的が不明瞭なまま何となく業者にまかせてしまい、一見立派だけど望まないものができてしまうということがあります。

リフォームの目的はいろいろあると思います。例えば二世帯住宅にしたい、キッチンが古いので使いやすくしたい、オール電化にしたい、収納を増やしたい、など複合でも構いませんから、何をしたいのかを明確にしてから次のステップに進みましょう。

目的を叶える手段やゴールイメージを考えよう

目的が決まっていれば次のステップです。しかし、ここからは叶えたい目的によって行動は分かれます。ふたつ目の行動を文章化するなら、「目的を叶える手段」と「ゴールイメージ」を考えるということです。

例えば、キッチンの交換ならキッチンメーカーのホームページを見て最新の機能や傾向を知る、またはショールームに行くのも良いでしょう。この場合のゴールイメージは、「キッチンが広がることで作業がしやすくなる」とか、「あの鍋やこのフライパンが取り出しやすくなって身体が楽」などです。

二世帯にするとすれば複数の人にとっての価値観が重要になります。家族のそれぞれが優先したい部分を出し合い、家族の中で方向をまとめることを行いましょう。この場合のゴールイメージは、「二つの世帯が望む距離感が住宅によって実現しやすくなる」ことです。

とにかく、大きな目的を叶えるための肉付けすることなどが、ここで行うべき作業です。

もし、個人レベルで親しくしている建築などに精通した人がいれば、ぼんやりしている時点で話しても構いません。ただしここで相談する人は、利益を無視して良いこと悪いことを教えてくれる人が望ましいです。

「以前リフォームを頼んで感じが良かった業者」に相談するのが悪いとは言いません。しかし営利でしか関係していない業者に早い段階で頼むと、その業者がその時売りたいもの、利幅が大きいもの、そこが得意な作業を勧められる傾向があります。その業者が悪徳だという極端な話ではなく、目的や方法が不明瞭な段階で依頼先を決めると、そちらのペースで進んでしまい、望むリフォームから離れることが多いことを知っていただきたいのです。

ですからここまでをしっかりまとめてから、業者に相談することがリフォーム成功の重要なポイントだと、当コラムでは考えます。

ここでようやく業者の登場

大きな目的や、家族の希望、ある程度の方向性などが決まっていれば、リフォーム業者に依頼して良いと思います。

先にいろいろ考えたり調べたりしていると、業者が言うこともある程度内容がわかるはずですから、「お任せ」にならず、そこそこ対等な話ができます。すると業者側も依頼者の希望に沿って進めようとしますから、無難なもの、売りやすいものを適当に勧める可能性が減ります。

先に内容を考えていると、見積額と手持ちの予算が大きくずれることもあるかもしれません。しかし、目的が明確であれば、余剰と思う部分を削ることができます。また、妥協や方向転換が必要としても、目的を踏み外さずに変更することができます。たとえ妥協するとしても納得した上で妥協ができるので後悔が残りません。

目的やゴールイメージが見えていないと、全体が妥協しながら進んでいくことになりますが、その家に何十年も住むのは依頼者自身です。ですから、手間ではありますが最初に目的やゴールイメージをしっかり考えることがリフォーム成功のカギです。

まとめ

失敗しないリフォームの進め方について、細かくまとめました。リフォームは限られた条件の中で行うので、ある意味新築より難しい側面があります。ですから終わってから「失敗したな」、と後悔しないように事前にしっかり取り組みましょう。

岡山県にある吉延石油株式会社は、住宅のリフォーム工事を積極的にうけたまわっています。出来る限りお客さまの希望に寄り添うリフォームを、誠意を込めて行いますので、お気軽にご相談ください。

愛車をキレイに保ちたい人必見! ワックスとコーティングの違いについて

愛車をキレイに保ちたい人必見! ワックスとコーティングの違いについて

車の表面をキレイにしたいという時、以前はワックスを塗ることが主流でした。しかし、最近は車をキレイに保護するにはコーティングが良いという言葉がしばしば聞かれます。実際のところ、その二つは何が違うのか、それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのか、はっきり説明できる人は少ないでしょう。

そこでこのコラムでは、ワックスとコーティングの違いを分かりやすく解説していきます。愛車をキレイに保ちたい、と思う人はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

ワックスってどんなもの?

この項目では、ワックスがそもそもどんなものなのか、特徴やメリット・デメリットは何があるのかを解説します。

そもそもワックスとは?

ワックスの材料は、メーカーや商品によって違いはありますが、多くはヤシの葉っぱからできた植物性樹脂である「カルナバ蝋」を主成分としています。ヤシは南米に多く生息していますが、水分を逃がさない特性を持っていることは古くから知られていました。その性質が車のツヤを保つためのワックスに使用されるようになったわけです。

ただし、カルナバ蝋は非常に硬いので、そのままでは車に塗ったり伸ばしたりすることができません。そのため、石油系の油や植物油、溶剤や添加剤などを足して使いやすくしたものが一般に使われているワックスです。

ワックスの種類

ワックスは、その状態から大きく分類することができます。研磨剤を含まない固形のもの、クリーナーの作用もある半練りのもの、塗装面の保護やクリーナーとして使える液状のものの3種類です。

ワックスのメリット・デメリット

ワックスはコーティングに比べて価格的に安いこと、一般の人でも作業できることなどの利点があります。しかし、1ヶ月程度しか持たない点や、雨が降ったらかなり効果が減ってしまう点など、コーティングに比べると劣る部分が多数あるので、現在はコーティングが主流になりつつあります。

ワックスについては、「せっかくワックスを塗ったのに翌日に雨が降った!」と悔しい経験をした人が多いと思います。このように、ワックスが1回の雨でも効果が劇的に落ちてしまうのは、誰もが知っていることです。

さらにワックスには、雨などで流れた油分でフロントガラスがギラギラして運転しにくかったり、水垢が取れなくなったりする問題もあります。実はワックスの油分には車の塗装を酸化させてしまうものが多いですし、研磨剤が入った物は塗装面や車そのものを傷つける作用もあります。

コーティングってどんなもの?

コーティングとは

太陽から来る紫外線は車の塗装面を劣化させる作用があります。そこで以前はワックスを塗って膜を作ることで車を保護しようという考えが主流でした。しかし、ワックスは雨などですぐに流れ落ちてしまいますから、保護効果が持続しません。

1980年代にコーティング剤が現れてから、その実情は変わってきました。コーティングは表面に乗っているだけのワックスとは異なり、化学的作用で塗装面に長くとどまります。それによって紫外線による劣化を引き受けてくれるので、コーティング自体は劣化していきますが、車へのダメージがありません。

コーティングはワックスよりメリットが豊富!

コーティングはワックスに比べれば長く持つことがメリットです。コーティングにはポリマー系やガラス系などいくつかの種類があり、商品に寄っても持続期間は大きく異なります。とはいえ短くても数ヶ月持ちますし、長ければ5年程度の耐久性を持つものもあります。ワックスの場合は条件が良くても1ヶ月程度しか持ちませんから、耐久性には大きな違いがありますね。

また、コーティングをしていれば、ドロ汚れや雨や雪などの汚れが水洗いなどで簡単に落とせるケースが多く、日ごろのお手入れが格段に楽になります。さらに中古車として売ろうとするときも、査定が有利になる事が多いですから、コーティングは非常にメリットが多い愛車の保護方法と言えます。

価格的にはワックスより高いですが、耐久性と必要な作業頻度を考えれば、一概に高いとは言えないでしょう。

もう一つ難点を上げるとすれば、ワックスのように誰でも気軽にできる作業ではない所でしょう。コーティングを行う場合は、信頼性と実績がある業者を探して依頼することをオススメします。

まとめ

愛車を保護するためのワックスとコーティングの違いについてまとめました。ここまで書いてきたように、優劣でいえばコーティングの方が優れているのは明確なことです。とはいえ、信頼できる業者に頼むことがコーティングの性能を発揮するカギですから、業者探しは慎重に行いましょう

岡山県にある吉延石油株式会社は、愛車をピカピカに保つカーコーティングの施工を行っています。大事な愛車の輝きを長く保ちたい、小さな傷がついてきたので目立たないようにしたい、と思う方はお気軽にご相談ください。車体のへこみや傷を補修する板金塗装も積極的にお受けしていますから、車の外装全般について、何でも相談に応じます。

吉延石油は、岡山県瀬戸市邑久町にある邑久SSと、岡山市東区にある平島SSの2店舗で、皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

 

カーコーティングはメリットがいっぱい! カーコーティングの種類について

カーコーティングはメリットがいっぱい! カーコーティングの種類について

せっかく買った愛車なのでいつまでもキレイなまま保ちたい、車にキズがついてしまったのでなんとかキレイにしたい…そんな時に活躍するのがカーコーティングです。しかし、カーコーティングにはいくつかの種類がありますから、何を選んだらいいかわからないという人も多いでしょう。

そこでこのコラムでは、カーコーティングの種類をわかりやすく解説していきます。

そもそもコーティングってなに?

コーティングはよくワックスと比較されますが、実際にはワックスとは全く違うものです。ワックスは簡単に言えば、車の表面に油と蝋(ろう)の被膜を塗ってツヤを出すものです。しかしその皮膜は雨や砂粒、洗車した時などに流れてしまいますし、残った蝋が水垢の原因になります。熱にも弱いので期間的に1ヶ月程度しか持ちません。

一方、コーティングにはガラス系コーティングとポリマー系コーティングの2種類がありますが、どちらも簡単に言えば化学薬品と考えても良いでしょう。ワックスのように表面に乗っているだけの状態より、塗装面に吸着するので、耐久性が圧倒的に高いのが特徴です。

コーティングの種類

ポリマー系コーティング

「ポリマー」というのは日本語で言うと「重合体」ですが、そういわれても何だかさっぱりわかりませんね。車のコーティングの性能には難しい話は関係ないので、とりあえず「化学的なもの」という程度に知っておきましょう。

車にポリマー系コーティングをすることは、高分子のフッ素やシリコンを含んだポリマーで被膜を作ることで、ワックスよりも長持ちする性質があります。効果が持続する期間は3~6ヶ月程度です。ポリマー系コーティングに含まれるフッ素やレジン、シリコンなどは、太陽からの紫外線、排気ガスなどを受けて劣化し、いずれ剥がれていきます。

ワックスより値段的には高いですが、ガラス系コーティングよりは安価です。また、外的衝撃に強いこと、手入れが水で洗い流すだけで良いこと、車の微細なキズを埋めるのに適していること、施工時間が早いことなどのメリットがあります。光沢の美しさがありますが、ツヤではワックスを好む人もいます。

ガラス系コーティング

ガラス系コーティングは、ワックスやポリマー系コーティングに比べると耐熱性、耐薬品性、耐候性で優れており、酸化しにくいので寿命も長いです。撥水性が高いので水はじきがよいことも大きな利点です。

ただし、ガラス系コーティングは無機被膜に汚れが付きやすく、水シミになる欠点がありました。それを克服したのがキーパーコーティングです。次の項目ではキーパーコーティングについて解説します。

キーパーコーティング

キーパーコーティングとは?

車の塗装はいくつかの要因で劣化しますが、その中で一番大きいのは紫外線です。カーコーティングはこの紫外線を阻止する働きを持っていますが、コーティング自体も紫外線で劣化します。キーパーコーティングは、コーティングの層を複数にすることで、紫外線による劣化を受けにくくしたものです。

キーパーコーティングの種類

キーパーコーティングには,ピュアキーパー、クリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパー、ダブルダイヤキーパーなどの種類があります。

クリスタルキーパーは車の塗装の上にガラス被膜を作って、塗装を守りつつ透明感やツヤを生み出します。その上にレジン被膜を作り、水シミを防止してツヤを深くします。

ダイヤモンドキーパーはクリスタルキーパーのガラス被膜を高密度ガラス被膜に変えることで、さらに塗装を守る性能がアップし、ツヤも深くて濃いものになっています。

ダブルダイヤモンドキーパーは、ダイヤモンドキーパーの高密度ガラス被膜を2層にすることで、塗装を守る能力がさらに上がっています。

キーパーコーティングの特性

キーパーコーティングを施工することによって、汚れが塗装に沁み込まなくなります。そのため、雨や雪による汚れが付着することが劇的に減り、車の洗車回数が少なくて済みます。

ワックスや表面のメンテナンスを行わなくてもキレイな状態を長く保つことができます。その期間はおおむね、ピュアキーパーなら3ヶ月程度、クリスタルキーパーは1年程度、ダイヤモンドキーパーやダブルダイヤキーパーなら3年程度キレイさが持続します。

これによって年数が経っても新車のような外観が維持できますから、中古車として査定してもらう時の評価も高くなります。つまりキーパーコーティングは管理が楽な上にトクなコーティングと言っても良いでしょう。

まとめ

カーコーティングのワックスとの違いや、種類、特徴についてまとめました。カーコーティングの中でもキーパーコーティングは、ワックスより圧倒的に長持ちして、塗装も傷めにくいという優れた特性を持っています。そのため、メンテナンスの手間が減るだけでなく、車の価値を長く保ってくれます。

岡山県にある吉延石油株式会社は、キーパーコーティングの施工を行っています。大切な愛車をキレイなまま守りたい、小さな傷を目立たないようにしたい、ツヤツヤに輝く車に乗りたいと思う方はお気軽にご相談ください。

吉延石油は、岡山県瀬戸市邑久町にある邑久SSと、岡山市東区にある平島SSで皆さまのお越しをお待ちしています。

車の板金塗装ってどんなことをするの? 板金塗装の技術を知ろう!

車の板金塗装ってどんなことをするの? 板金塗装の技術を知ろう!

日常的に車に乗っていると、「壁にこすってキズが付いてしまった!」、「大事な車にへこみができてしまった!」ということがありますよね。そんな時の対応方法として、「板金塗装」という言葉をよく耳にすると思います。しかし、板金塗装がいったいどんなことをするのかわからない人も多いですよね。

そこでこのコラムでは、車の補修方法として行う板金塗装について、分かりやすく解説して行きます。

そもそも「板金」ってなに? 

ここではまず「板金」という言葉について解説しましょう。

板金、板金加工という言葉の意味

広い意味で「板金」、「板金加工」と言うと、鉄やステンレス、アルミなどの金属材料を切ったり曲げたり伸ばしたりする加工のことを言います。

同じ鉄やアルミの加工でも、溶かして型に流し込む加工は板金加工とは呼びません。これは鋳造加工と言い、例えば車の中ではエンジンの主要部分などに使われています。

また、ブロックや棒状の金属を削る加工も板金とは呼ばず、機械加工、切削加工と呼びます。車の中ではスロットルシャフトなどに使われます。

板金加工はわかりやすく言えば、比較的薄い金属板をプレス加工機などで曲げたり変形させたり、カットしたりする作業です。

板金加工は、パソコンやスマホ、車、家電などの工業製品や、住宅の部材などにも広く使われています。

車の修理の際に使う板金加工とは?

車の修理で、「板金」、「板金加工」という言葉を使う場合、金属部分のへこみやキズを元に戻す、わかりにくくする作業のことと考えて間違いありません。つまり、ぶつかったりこすったりした時に金属部分を叩いたりして復元する補修作業です。

そのため、同じ事故で出来た損傷でも、照明部分を交換する作業などは板金とは言いません。また、バンパーは金属ではなく樹脂で出来ているので、厳密には板金加工ではありません。しかし、車の修理の範囲としては板金加工屋で普通に扱ってくれます。

車の板金修理って具体的には何をする?

車のへこみなどに対して板金屋さんで修理を行う場合、裏側から叩いて元に戻す場合と、表側から引っ張って元に戻す方法があります。ここではその二つの方法を解説します。

裏側から叩いて戻す

車をぶつけた時、こすった時など、外側から力が加われば、車の内側に向かってへこみます。叩いて戻す、というのはへこんでいる部分を反対側から叩くということなので、イメージしやすい加工です。

しかし、現実的には、ぶつかった時などに受けた力で金属は伸びる作用も受けていますし、へこみ方も均一ではなく複雑だったりします。そのためへこんでいる中央部分を、ポコンと叩けばポンと元に戻ると言うような簡単なケースはほとんどありません。

板金職人はさまざまな経験から判断して、へこんだ部分の周りを叩くなどして形状を復元していきます。

表側から引っ張って戻す

前の項目で紹介した、叩くという作業は裏側にアクセス出来て初めて可能になります。しかし車の形状や部品構成は複雑ですから、分解しなければ裏側からの作業が出来ないケースが多いです。

そのため、裏側にアクセスできない場合や、そこに大きな時間がかかると判断した場合は、表から引っ張る方法を取ります。ただし本来の車の表面にはほとんど突起はありませんから、引っ張ると言ってもつかむ場所がありません。そこで、板金職人は引っ張りたい場所に専用の道具を溶接して引っ張る作業を行います。作業後に溶接した道具を外すと、痕が残りますからそれをパテで埋めるなどして痕を分からなくするまでが引っ張る作業です。

塗装

車の修理では、へこみの修復とは別に、はがれてしまった塗装を復元する作業も必要になります。この作業は周りの色と同じ塗料を塗って終わり、という単純なものではありません。車をこすったりした時には、塗装が剥がれますが、はがれ方は均一ではなく、浅くはがれた点と深くはがれた点がグラデーションのようになっています。さらに、金属面も削り取られていることもあり、その部分にそのまま同じ色を塗っても違和感が残ってしまいます。

そこで板金業者はパテを持ったあと、そこをキレイに研いで均一にします。また、そこにいきなり仕上げの塗装をするわけではなく、下地処理をしてそれを研ぐ作業も必要です。そこから塗装、クリア塗装、乾燥、磨きなどの工程が必要になります。

まとめ

車の修理で行う板金塗装について、言葉の意味や実際の作業をまとめました。

板金塗装で車を修理する作業は一見単純そうに見えますが、へこみやキズの具合は全て違いますから、毎回いろいろな判断を伴う、高い熟練度を必要とする作業です。それだけに修理を依頼する時は、信頼性が高い業者に頼む必要があります。

岡山県にある吉延石油株式会社は、車のへこみやキズを修理する板金塗装をうけたまわっています。キズやへこみを放置している人もいますが、そこから周囲の劣化が進むのでおススメできません。また、キズやへこみがそのままになっていると、それを見るたびに事故の時のネガティブな記憶がよみがえってきますから、精神的にも良いものではありません。吉延石油は技術面、価格面で皆さまに信頼していただける板金塗装を行っていますので、お気軽にご相談ください。

岡山県瀬戸市邑久町にある邑久SSと、岡山市東区にある平島SSの両店で、板金塗装作業は常時受け付けています。スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ちしています。

まず何から揃えるべき? 初心者向けのキャンプ用品の解説!

まず何から揃えるべき? 初心者向けのキャンプ用品の解説!

「キャンプを始めたい!」と思っている人は非常に多いと思います。しかし、「道具が多すぎてとても揃えられない」、「種類が多いから何を選ぶべきかわからない」という点がハードルになっている人もいるでしょう。確かにキャンプ用品は種類が多いですから、一通り揃えようとすると費用も掛かります。

そこでこのコラムでは、初心者がとりあえず揃えるべきキャンプ用品を解説していきます。

そもそもどんなスタイルでキャンプに行く?

道具の話に入る前に、最初に整理しておきたいのは、キャンプに行くシチュエーションです。例えば自分一人だけど、頼れる先輩キャンパーがいる、という場合はパーソナルな道具があればなんとかなります。しかし家族でワイワイ行くということなら、みんなで団らんするシーンを考えなければなりません。

とりあえず、グッズを買う前に自分が考えているキャンプスタイルを明確にしましょう。

取り敢えず先輩に頼る、またはソロキャンプを目指す人

しっかり眠れる用意が重要

先輩キャンパーに頼れる場合、テントやタープなどは借りられることが多いでしょう。また、テントはキャンプ場でレンタルしてくれるところも多いので、先輩キャンパーがいないとしても、購入の順位は低いです。

キャンプを楽しく過ごすパーソナルな道具の代表は、何と言っても寝袋(シュラフ)とマットです。寝袋もキャンプ場での貸し出し品はありますが、寝心地の良さについては微妙なものが多いです。

もし寝袋が悪くて眠れなかった場合、翌日に疲れを残しますから、キャンプそのものが楽しめなくなります。複数の人数で行けば会話の楽しみなどで緩和される面もありますが、一人だと寝不足をごまかす材料もありませんから、寝袋とマットだけは頑張ってある程度のものを揃えましょう。

寝袋の選び方で重要なのは、何よりも温度設定です。夏でも油断すると高所の夜は寒いというケースもありますから、行く場所の夜間の気温を調べて、寝袋に記載されている使用温度目安を確認してから購入しましょう。

自分のチェアでくつろぎの空間を作ろう

寝袋とマットに次いで快適なキャンプに必要なのは、くつろげる椅子の存在です。キャンプのスタイルにもよりますが、椅子で過ごす時間はキャンプの中ではかなり多いからです。

椅子の選び方はキャンプ場での過ごし方で変わってきます。テーブルとセットで過ごす時間が多い場合は座面高50cm前後の高い椅子が必要です。一方テーブルを使わず、全体を低めに過ごす場合は、座面30cm前後の低いものを用意した方がくつろげます。

それ以外の椅子選びの要素としては、リクライニング性、重量、素材などがあります。自分がイメージするキャンプがどんなものかをしっかり考えて購入しましょう。

ファミリーキャンプの場合

家族で過ごすなら団らんの中心になるテーブルが重要

テーブルは大きく分けてハイテーブル(70cm程度の家庭のテーブルと同じ高さ)と、ローテーブル(高さ40cm程度)に分けられます。ハイテーブルなら立っていてもアクセスしやすいことと、食事のしやすさが魅力です。ローテーブルはゆったりくつろぐキャンプスタイルには有効ですが、立ったり座ったりすることが多いと不向きです。

ファミリーキャンプだと荷物も多くなりますから、足の高さを変えて、ハイテーブルとローテーブルの両方を楽しめるものもあります。

それ以外の要素では、人数を踏まえたテーブル面の広さを確保するが重要です。

ファミリーキャンプの楽しみはみんなでとる食事

ソロキャンプでも食事は大きな楽しみですが、ファミリーで過ごす時の食事はやはり手際の良さや作業のしやすさを重視したいですよね。

調理環境を整える意味では、ふたくちコンロのツーバーナーがあると非常に便利です。ふたくちあれば同時に二つの工程ができますし、量が多い調理もやりやすくなるからです。

また、調理に使う燃料もいろいろあります。ガスは手早いことで有利ですが、炭火で肉を焼きたいという人もいるでしょう。また、キャンプの燃料としては、火力の強さからホワイトガソリンもよく使われます。しかしホワイトガソリンは火加減の難しさなどから、中上級者向きの熱源とも言われているので、慣れてから考えた方が良いでしょう。

まとめ

キャンプをこれから始めよう、と思う人に最初に揃えるべきキャンプ用品についてまとめました。キャンプ用品は非常に幅広く販売されているので、揃えることにエネルギーを注ぐとかなりの費用が必要になります。道具をそろえる楽しみを優先する人はともかく、まずは最小限の道具でキャンプに行ってみる、というのも一つの考え方です。ただ、最小限と言っても、安全面の配慮や寒さをしのぐ用意だけはしっかりして行ってくださいね。

岡山県にある吉延石油株式会社は、キャンプ用品の販売も行っています。テントや寝袋などさまざまなグッズがあるので、これからキャンプ用品を揃えようと思う方は、お気軽にご来店ください。

吉延石油は、岡山県瀬戸市邑久町にある邑久SSと、岡山市東区にある平島SSの2店舗があり、どちらでもキャンプ用品は扱っています。