2022年02月25日

ヘッドライトコーティングもDIYよりプロにお任せ

ヘッドライトは白濁や黄ばみを防ぐため、特殊なコーティング剤が塗布されています。

 

もっとも、コーティング剤は熱に弱いため、日中の紫外線と、夜間や曇りの日のヘッドライト点灯により、日々、劣化が進んでいきます。

 

劣化が進み、黄ばみや白濁が現れると視界不良を招き、交通事故にもつながりかねません。

 

車検時に整備不良として、車検に通らない可能性もあるのです。

 

ではどうするかというと、劣化しきってヘッドライト交換が必要になる前にコーティングを塗り直してあげることで、交換費用を抑えて、安全で快適な状態を回復します。

 

ヘッドライトコーティングはご自身でDIYされる方もいますが、車の視界に影響を与え、電気が通る重要な電飾パーツでもあります。

 

思わぬ施工ミスや塗りムラで衝突事故などを起こさないよう、プロに依頼するのが賢明でしょう。